使える中空ランバー(柱)材L100の施工方法とは

2017年05月09日

アルミ・鉄柱等の構造材の化粧材として最適の人工木材

~使える中空ランバー(柱)材L100の施工方法とは~

無機質な構造体に、木のぬくもりを演出したいそんなときには、
アートウッドの商品EWH-L100がお薦め! 

http://www.art-deco.jp/docs/2015092100017/

L100-1.jpg

サイズは、98×98×2000mm。壁厚約12mm、内寸約72mm×72mm
人工木材では、なかなか珍しい100角タイプの中空ランバー材です。

色は、ブラック、ライトブラウン、Hナチュラルの3色です。

 

L100-2.jpg 

デザイン性に優れ、幅広なので、施工がしやすい商品です。
アルミや鉄柱を芯材として中に組み込むことで、強度と安全性に優れています。
そして、天然木材のように腐る心配が無く、滑らかな木の質感が、人気です!
ちなみに、天然木材と同じようにカットでき、釘やネジを使うことが出来ます。

ただ、中空構造のためあまり長いネジは必要ありません。壁厚は約12ミリ程度です。

L100-3.jpg

ここで、アルミや鉄などの芯材をいれての施工方法を詳しく説明いたします!
天然木材より少し堅い材質ですが、天然木材同様、丸ノコや電動ノコギリにて、切っていただけます。
重量物を取り付ける場合は、補強用芯材のアルミか鉄65mm角か65mmφをご使用いただくことでより安全な設置が可能となります。
弊社でも、EWH-A65Rとしてアルミ2000mm×65mmφをご提供しております。
2000mm以上の高さの場合、別途ご用意いただきますようお願い致します。

中にアルミなどの芯材を入れた場合、片方の壁に寄せてください。

L100-4.jpg

そして、その寄せた側の壁に2か所、ビス止めしてください。
ビスを止める際には、しっかりと下穴を開けておいてください。
下穴の大きさは、ビスの径-0.3mm程度を推奨しておいります。
ビスは、弊社ステンレスビスのV25など、長さ25mm以上あるものをお使いいただければ、
十分安全に留めていただくことが可能です。

L100-5.jpg

このようにオシャレなベランダもEWH-L100にてご施工が可能です。

http://www.art-deco.jp/docs/2013102500017/

L100-6.JPG

高さが、高くなればなるほど、柱は、鉄かアルミの強度がしっかりしたものを使うことをお薦めいたします!
2mのみの販売となりますが、長さが必要な場合は、皆様、繋いでお使い頂いております。
繋いで使っていただく場合、
ジョイントは、芯材を入れるので、特に必要ありません。ビスで直接留めてください。
強度は、中の芯材で保ってください。
あくまで、中空100角柱材L100は、化粧材としてお使いください。
ちなみに、人工木材のジョイント部分は、通常の木材と比べて目立ちにくいのでオススメです。

小口についてですが、弊社では、専用キャップを用意しております。
小口キャップをご使用いただくことで、ゴミなどの侵入を防ぐことができます。

簡単便利な専用キャップを使えば、オリジナルなエクステリが演出できます。

  L100-7.jpg

ウッドデッキのフェンスなどへのご利用が人気です。

http://www.art-deco.jp/docs/2016052700049/

L100-8.jpg

ボード材などと組み合わせてフェンスの柱にもそのままご使用できます。

http://www.art-deco.jp/docs/2015011300016/

L100-9.jpg


http://www.art-deco.jp/docs/2013102900053/

L100-10.JPG

 

 

フッタータイトル