ウッドデッキ・人工木材の全国販売ならアートウッド

個人様宅のガレージデッキの施工例( 兵庫県 T.H.様ご施工)

2018年12月11日

個人様宅のガレージデッキの施工写真

 

こんにちは!

兵庫県 T.H.様が、ご施工された個人様宅のガレージデッキの施工例をご紹介します。

haginotoshiaki13.jpg
 

 

施工前の手摺フェンスです。

天然木材の為、メンテナンスを施されていましたが塗装の剥がれや白銀化が起こり始めています。

haginotoshiaki1.jpg

 

 

床面は、痩せや腐りが目立ち安心して使うことをためらいます。

haginotoshiaki2.jpg

 

 

フェンスの柱部分も腐り床板も落ちかけています。

haginotoshiaki3.jpg

 

 

古いデッキを解体すると上部が空いた状態で

ブロックの上部までは、約1800mmとなりEWH-L90は使えません。

haginotoshiaki4.jpg

 

 

そこで足場用パイプを塗装して使い

デッキの基礎として使用しました。

haginotoshiaki5.jpg

haginotoshiaki6.jpg

haginotoshiaki7.jpg

 

 

EWH-D135床材を固定するために

EWH-L90根太材は垂木クランプに固定しております。

haginotoshiaki8.jpg

 

haginotoshiaki9.jpg

 

 

手摺フェンスの為の柱材も同様にパイプに固定しております。

haginotoshiaki11.jpg

haginotoshiaki10.jpg

 

 

施工中

手摺笠木にはEWH-D140を使用し

目隠し用板材EWH-B100を横張に固定しています。

haginotoshiaki12.jpg

 

 施工後

塗装していることもあり違和感なく作られ

さらに強度共に安全性も感じられます。

haginotoshiaki15.jpg

haginotoshiaki14.jpg

 

 

 

お客様からの声を頂いております。

 

「お世話になります。

遅くなりましたが施工写真を送付させていただきます。

天然木材のウッドデッキをメンテナンスしながら12年ほど経過しましたが、
腐食が目立ちフェンスも落ちかけていましたので作り替えを決心しました。

メーカーのウッドデッキは高床に対応していなかったり、
施工業者に依頼すると結構な費用がかかるため、
自分で何とか出来ないかと色々と模索している時に、御社の木材にたどり着きました。

基礎の部分には、足場用の単管パイプを利用し強度が保てるよう施工しました。
簡易なイメージ設計だけで始めましたので、部材の不足等もあり追加注文もさせていただきました。

週末だけの施工でしたので、2ヶ月以上かかりましたがようやく完成に近づきました。
施工中の失敗も多々ありましたが、家族も満足していますのでDIYでやった甲斐がありました。
細かな仕上げは残っていますが、施工中も含めた完成写真を送付させていただきます。

※枚数が多いのでサイズを小さくしましたので画像が粗くなっているかもしれません。」

 

 
素敵なお写真を郵送頂きありがとうございます!
 

足場用パイプなどは、大きなホームセンターで取り扱っているため

個人様がDIYで作られるには、扱いやすい材料ですね。
ひらめきに脱帽です。
本当にDIYとは思えない仕上がりにスタッフ一同驚いております!
これからも弊社をよろしくお願いします。