ウッドデッキ・人工木材の全国販売ならアートウッド

個人様宅のウッドデッキの施工例(岩手県のY.O.様 ご施工)

2018年12月17日

個人様宅のウッドデッキの施工写真

こんにちは!
岩手県のY.O.様 ご施工のウッドデッキの施工例をご紹介します。

 

まずは完成後をご覧ください。トータルバランスでの材量選択となっております。

onodera3.jpg

 

施工中の写真です。
建物側コンクリート土間、外側は薄いコンクリートブロックを基礎としております。
中空柱材は手摺フェンス柱として使用する為、フェンス部分のみ使用し
他の束柱は、鋼製束となります。

 onodera2.jpg

 

根太は2×4柱材・幕板は無垢床材を使用し共にモダンブラックを選択。
手摺の柱は通し柱となり構造的にもしっかりとした作りとなっております。太い柱の為、見た目にも重厚感があります。

onodera1.jpg

 

完成後、
目隠しの為に、無垢ボード材を板巾と同じ間隔で固定し、側面の目隠しも同じ材料を使用しました。
建物外壁のモダンブラックと屋根の色に近いライトブラウンの色合いが非常にあっています。
物干しもあり利便性にも優れております。

onodera4.jpg

 

Y.O.様より、このようなコメントをいただいています。

「商品は、数量等の過不足もなく予定通り5月28日に納品されました
梱包のサイズも最適でした(ひとりで運べる重さ等)
当家のデッキは、1人の大工さんが5月28日から6月6日のうち4日間で施工しました。
(私も材料運搬等で手伝いましたが)
品質には問題なく、私も大工さんも仕上がりに満足しています。
大工さんからは、「施工し易かった」「粉塵が天然木と比べて少ない」等のコメントがありました。
根太材には天然木と同じく若干の反りがあり、大工さんはクランプで挟み調整し、
その後に施工していました。
中空デッキ床材については調整等なく施工できました。
ただし、ジョイントクリップに付属するビスについて隙間から見えるのが気になったため、施工後に私がビス頭部に黒塗装を施しました。
材料発注時には考慮していなかった「物干し台」を大工さんが根太材の余り材料で設置してくれました
「材料を余さず使った」という点を大工さんは強調していました
以前のデッキと、間口3.6mは同じですが、出幅を1.8mから(定尺の)2mにしたところ家人には好評でした

以上で御礼と報告とさせて頂きます。ありがとうございました。」

 

Y.O.様 素敵なお写真を郵送頂きありがとうございます!

大変、素敵なウッドデッキが仕上がりましたね。
最近は2色利用したデッキやフェンスの材料注文が、増えてきました。
自由設計・必要本数の注文ができる弊社ならではの施工ですね。商品についての貴重なご意見ありがとうございます。

今後とも弊社をよろしくお願いします。