DIYで作る!人工木ウッドデッキ(東京都 M様)

2021年09月14日

こんにちは!
今回はDIYしていただいた人工木ウッドデッキをご紹介いたします。

人工木ウッドデッキ

施工前のお写真です。

施工前は何処か寂しい閑散としたお庭の印象です。

人工木ウッドデッキ施工前

洗濯物も窓から地面に降りて干す、
取り込むときも外に出て取り込むといった状況です。

また、お庭の形自体が複雑な形をしています。

人工木ウッドデッキ施工前

人工木ウッドデッキを施工後お庭を上から見たお写真です。

お庭いっぱいに人工木ウッドデッキを張り巡らせたデザインです。

人工木ウッドデッキ

今回使用している人工木材は、
床材として無垢デッキ材 LB(ライトブラウン)
根太として無垢柱材 LB(ライトブラウン)等をご使用いただきました。

床材と使用した無垢デッキ材は、表面を木目調に加工しているので、
完成したウッドデッキもより天然木のような仕上がりになっています。

また加工性も天然木同様にできるので、今回のような複雑な形のお庭に合わせた人工木ウッドデッキなどに最適の材料です。

人工木ウッドデッキ

人工木ウッドデッキの張り方は窓から垂直方向に張った縦張り仕様で、
窓から見ると広々とした仕上がりになります。

人工木ウッドデッキ

また人工木ウッドデッキの一部を床下収納ができるように、加工もしています。

人工木ウッドデッキ

ご自身でご用意いただいた部品等を取り付けることで、
使い勝手がさらに良くなっています。

人工木ウッドデッキ

人工木ウッドデッキを施工したのち、ハンガーラックを取り付けています。

これまでは窓のサッシの高さ分上り下りをしながらの家事でしたが、
人工木ウッドデッキを窓と同じ高さで設置することにより、
家事導線が格段に良くなりました!

人工木ウッドデッキ

また今回の人工木ウッドデッキ設置に伴い、
花壇も高さを上げリフォームしました。

人工木ウッドデッキ

人工木は熱により膨張伸縮をするのでしっかりとした目地に加え、花壇とのクリアランスもしっかりと設けた仕上がりです。

人工木ウッドデッキ

人工木ウッドデッキを作成したお客様の声

庭の形が歪なので、人工木ウッドデッキを縦張りにしたのですが、
1本1本長さを考えて張っていく作業が非常に骨が折れました。
ねじ止めについてはプライマー処理した塗装ネジを作成し行い、
見た目もきれいになったかと思っています。

最後に人工木ウッドデッキで高さがでた分、花壇も自作し高さを上げました。
人工木の板材の色とレンガの色がよくあっているかなと思い気に入っています。
果樹を幾つか植えましたので、数年後が楽しみです。

もともと砂場のスペースにはピザ窯を作ろうと思っていますが、まだ設計中です。
ピザ窯の囲い、屋根はアートウッドを使用したいと思っていますので、改めてご相談させてください。

沢山のお写真のご提供誠にありがとうございます。

とても素敵な人工木ウッドデッキに仕上がっていますね!

窓のサッシの高さに合わせて人工木ウッドデッキを作ることで、
洗濯物も干しやすくなり、さらにお庭の使い勝手がよくなったのではないでしょうか?

同時に作ったレンガ調の花壇も人工木と調和しとても素敵です。

人工木ウッドデッキは簡単なお手入れだけで、きれいに長持ちをするのでぜひお試しください。

※人工木ウッドデッキのお手入れ方法はこちらから

 

今後とも弊社をよろしくお願いいたします。

人工木ウッドデッキの使用材料

フッタータイトル