人工木ウッドデッキ|人工木材専門店アートウッド

人工木ウッドデッキ

21/08/31

人工木ウッドデッキ

高耐久で腐りにくい天然木のような人工木ウッドデッキ

人工木ウッドデッキとは天然木に擬して作られた工業製品「人工木」(別名:樹脂木、合成木、再生木)を使用して作られたウッドデッキのことを指します。

「人工木」とは木粉と樹脂(プラスチック)を配合したものです。人工木ウッドデッキは天然木で造るのに比べて樹脂を含むことにより耐久性が上がり、施工後のメンテナンスが必要ないことから、近年人気の商品となります。

デッキ材以外にもフェンス・ベランダの手すり・ルーバー、公共施設の遊歩道など、様々な場所で幅広く活用されています。

人工木ウッドデッキのおすすめ商品

強度が抜群!施工のしやすいリブ付きデッキ

リブ付無垢デッキ材

厚さが26mmの無垢材なので強度が必要な場所の人工木ウッドデッキに最適です。また専用クリップを使用することで表面にビスが見えずより美観に仕上げることができます。

天然木と同じような加工ができる

無垢デッキ材

天然木と同様の加工が可能な人工木ウッドデッキ材です。斜めにカットをしたり、ラウンド加工など複雑な加工も可能です。

人工木ウッドデッキが選ばれる理由(メリット)

極端に色褪せない

人工木ウッドデッキ ベランダデッキ

人工木は耐候性もあるので、強い日差しによって大きく変色することがありません。

色が褪せると見栄えが悪くなりますがその心配もいらないので、美観を保ったまま人工木ウッドデッキを使用できます。

腐りにくい

人工木は樹脂(プラスチック)と木粉を混ぜ合わせ、金型に入れ押し出し成型をしています。

そのため、人工木ウッドデッキは木粉だけで作られている天然木ウッドデッキのように湿気や水をほとんど吸収しないので腐りにくい建材です。

ウッドデッキは基本的に屋外に設置するので、雨に当たるもしくは床下の土から湿気が昇ってくることが腐る原因となります。

しかし人工木ウッドデッキにするだけでこの腐りの恐れを少なくすることができます。

腐食してしまうとけがの恐れもあるので大変危険です。

人工木ウッドデッキ 腐り
天然木ウッドデッキが腐って危険な状態①
人工木ウッドデッキ 腐り
天然木ウッドデッキが腐って危険な状態②

メンテナンスフリー

人工木ウッドデッキの最大の特徴はやはり「メンテナンスフリー」な部分ではないでしょうか?

天然木ウッドデッキの場合は、年に1度、時間とお金をかけてのメンテナンスが必須です。さらにそのメンテナンスも木材を守るためにはデッキ裏面までしっかりとする必要があります。

しかし、人工木ウッドデッキは樹脂(プラスチック)を原材料に含むことで、極端に色落ちしにくい、害虫被害にあわない、腐りにくいウッドデッキになります。

そのため塗装・害虫対策・防腐処理などのメンテナンスが必要ありません。

万が一天然木ウッドデッキを毎年メンテナンスしながら、20年間使用できたとすると合計100万円以上のメンテナンス費用が掛かってくると考えられます。月換算に直すと 20年間毎月4千円の出費です。

これは8㎡(2×4m)サイズなのでこれよりも大きいウッドデッキになると、費用はさらにかかります。

無駄な出費を減らし節約するためにもメンテナンスが不要で寿命が長い、人工木ウッドデッキで作ることをお勧めします

人工木ウッドデッキ コスト
ウッドデッキ・エクステリアをお考えの方はお問い合わせ下さい

Eee-Woodの人工木ウッドデッキはここが違う!

弊社のオリジナル人工木「Eee-Wood」は、本来の人工木の特性を生かしながら様々な点をこだわり開発いたしました。

見た目・質感

人工木ウッドデッキは天然木のウッドデッキに比べて見た目や質感がプラスチックのイメージをお持ちだと思います。しかしEee-Woodで人工木ウッドデッキを作った方は皆さま口をそろえて「本物の天然木のようだ」とおっしゃられます。

これには2つ理由がございます。

1つ目は厳選した純度100%の高級木粉を原料の半分以上使用していることで実現できた木の質感です。

人工木は通常、高密度ポリエチレンの他に木粉を使用してます。この木粉の含有量により質感が変化します。そのため木粉を使用していても含有量が少ないとプラスチック感が強い人工木ウッドデッキとなります。また逆に木粉が多すぎるとより天然木に近くなるので腐食、もしくは害虫被害の原因にも繋がります。
このことから、Eee-Woodは開発時に木粉の含有量の微調整をし、人工木でありながら天然木のような質感を実現しました。
さらに近年の人工木には使用している木粉もリサイクルされた木質原料が多いですが、Eee-Woodの人工木ウッドデッキは家具などを作る高級天然木の廃材は使用した純度100%の高級木粉を厳選して使用しています。こだわり抜いた木粉だからこその質感になっています。

人工木ウッドデッキ 成分
人工木ウッドデッキ

2つ目は天然木のような木目加工をしていることで人工木ウッドデッキがより天然木のような仕上がりになります。何も木目加工を施していない無地加工のままでも天然木のような風合いがありますが、加工することでより見た目が天然木のように仕上がります。
Eee-Woodは商品によって柾目調、板目調、無地のままのものがございます。リバーシブルでの加工になるのでお客様の好みや設置環境によってお選びいただけます。

加工性

人工木ウッドデッキ 加工

Eee-Woodで作る人工木ウッドデッキは天然木と同様の工具や金具類を使用して加工ができます
また無垢の人工木ウッドデッキ材を使用していただくと、斜めや円形などの複雑加工も可能です。

高強度・高耐久

Eee-Woodの無垢材を使用した人工木ウッドデッキは高耐久に仕上がります。中でも無垢ウッドデッキ材(D140)は抜群の強度と破損しにくい構造で、衝撃に対する強さはJIS基準値の80倍もあります。Eee-Woodは高強度・高耐久なので、不特定多数の方が使用する公共・商業施設の人工木ウッドデッキとしても安心して使用できるため、これまでに多数導入実績がございます。

人工木ウッドデッキ

店舗様のウッドデッキとして

人工木ウッドデッキ

教育施設のウッドデッキとして

納期

人工木ウッドデッキ 倉庫

Eee-Woodは自社倉庫にて人工木のウッドデッキ材などすべての商品を在庫しております。そのため、「施工日が近いのですぐに欲しい」や「材料が足りないからすぐに必要だ」、「突然のお客様要望にすぐに対応したい」などにも迅速に対応いたします
豊富な在庫量なので最短当日発送にも対応しております。

おすすめ人工木ウッドデッキ材ラインナップ

リブ付き無垢デッキ材35mm厚(DM140)

 1  超高強度高耐久を追求

従来のリブ付無垢デッキ材よりも厚みが30%以上アップしました!これまでにない超高強度高耐久の極厚仕様なので公共施設や学校・店舗など、強度と耐久性が必要なウッドデッキでも安心してご利用いただけます!

 2  深い木目加工

木目が従来の製品よりもより立体的になり、一段とリアルな木の風合いが感じられます。自社オリジナルの開発で約10倍深い木目を実現しました。これにより、美しい木目をより長くお楽しみいただけます!

 3  リバーシブルデザイン

高耐久無垢デッキ材は、リアルな木の風合いの板目面と、滑り止め効果のあるアールストライプのリバーシブル加工です。ウッドデッキの設置場所に合わせてお選びください。

無垢デッキ材(D140)

 1  高強度の無垢材!

人工木 木目加工

厚みが22mmの無垢材なので、抜群の強度と破損しにくい構造です。衝撃に対する強さはJIS基準値の80倍なので公共施設でも安心して使用できます。

 2  木口処理不要

人工木 木口処理不要

人工木材Eee-Woodは純度100%の天然木粉を使用しているので、中までしっかりと均一になり、木口処理をしなくても非常にきれいな仕上がりとなります。

 3  リバーシブルデザイン

無垢デッキ材は、天然木の風合いある柾目加工、板目加工の選べるリバーシブルデザインです。ウッドデッキの設置場所に合わせてお選びください。

リブ付き無垢デッキ材(DM135)

 1  衝撃にも強い材料!

人工木 断面図

強度や耐久性が必要な場所用に開発されたリブ付無垢デッキ材なので、公共案件や大型案件など強度を必要とするウッドデッキの材料に最適です。

 2  表面にビスが出ない

人工木 ウッドデッキ

専用クリップを使えば簡単に施工ができます。また表面にビスが出ないので、お子様やペットにも安心・安全の施工となります。もし修繕などがあった場合も、簡単にクリップを外すことができます。

 3  リバーシブルデザイン

リブ付き無垢デッキ材は、木の風合いに近い柾目調と、滑り止め効果のあるアールストライプのリバーシブル加工です。ウッドデッキの設置場所に合わせてお選びください。

中空デッキ材(D135)

 1  軽量化を実現!

人工木 中空デッキ材

人工木材だからできた、大胆な肉抜きで大幅な軽量化を実現した樹脂デッキです。
特にベランダなどの重さが気になる場所でも安心してご利用いただけます。

 2  表面にビスが見えない

人工木 ウッドデッキ

専用クリップを使えば簡単に施工ができます。また、表面にビスが出ないので、お子様やペットにも安心安全の施工になります。もし修繕などがあった場合も簡単にクリップを外すことができます。

 3  リバーシブルデザイン

中空デッキ材は、天然木の風合いをリアルに表現した木目無地と、滑り止め効果のあるアールストライプのリバーシブル加工です。ウッドデッキの設置場所に合わせてお選びください。

人工木ウッドデッキの注意点

人工木ウッドデッキには必ず目地が必要

人工木は温度による膨張伸縮が起こるので、ウッドデッキを作るときは必ず規定値もしくはそれ以上の目地を空けるようにしましょう。
※温度差が激しい地域での施工は特に膨張伸縮が起こるので広めに目地間隔を取ってください。

人工木ウッドデッキにビス固定は下穴が必須

人工木は密度が高く、無理に固定すると破損の可能性があるので、必ず下穴を空けてから固定して下さい。

人工木ウッドデッキはお掃除が必要です!

人工木ウッドデッキ お手入れ

人工木のウッドデッキは天然木で作っているものに比べて耐久性に優れているので、塗装や防腐処理などのメンテナンスは必要がありません。しかし、チリやほこりなどの汚れは天然木と同じように発生するので、下記のような日々の簡単なお手入れをし、長く・美しくお使いください。

①ウッドデッキの表面をホウキなどで簡単に掃いて下さい。
(表面に小石や砂が残っているとキズの原因となるのでご注意ください。)
②雑巾、デッキブラシなどで床材の長手方向に沿って水洗いをしてください。
③乾いたぞうきんで水を拭き取って下さい。

万が一雨染みや泥水などの汚れがあり、水洗いで落とせない場合は、
台所用の中性洗剤を薄めて上記の②の工程で使っていただくと汚れが落ちやすくなります。

また、人工木ウッドデッキは湿気の多い場所や使用環境かによっては表面にカビが発生します。もし発生していれば次亜塩素系のカビ取り剤の使用方法に従って汚れを落としてください。

人工木ウッドデッキのおすすめコンテンツ

★人工木ウッドデッキの作り方

★おしゃれなウッドデッキの施工事例14選

フッタータイトル