ウッドデッキ・人工木材の全国販売ならアートウッド

オリジナル人工木材「Eee-Wood」への思い

19/06/26

オリジナル人工木材「Eee-Wood」への思い

人工木材メーカーは何十社もあります。

しかし、
デザインや品質、価格、表面処理など様々な違いがあるのです。

たくさん種類があると、どれがあなた様のエクステリアに 一番ぴったりなのか迷いますよね。

オリジナル人工木材Eee-Woodは、特に 「えっ、これって天然木材じゃないの?」と言われる デザイン性や色にこだわりを持っています。

とにかく一番安い人工木材が欲しいというお客様には 合わないかもしれません。

しかし、これからずっと使っていくものだからこそ、

高品質なウッドデッキ・エクステリアを作りたいというお客様にはEee-Woodが最適だと思っています。

「えっ、これって天然木材じゃないの?」と驚かれる自然の木の風合い

さらに、メンテナンス性抜群の人工木材「Eee-Wood」

店長が語る「人工木材Eee-Wood」の制作秘話

「ないなら作ってしまおう!」

父は悩んでいました。

建築業界で32年間で1000軒以上の家を建ててきた中で、ウッドデッキ、ウッドフェンスなど数多く施工してきました。

そんな父の元には、

「天然木材のウッドデッキが腐った!」
「メンテナンスが大変でお金もかかる!」

といったお客様からのお声がたくさん上がってきました。

店長:高尾 佳伸が語る「Eee-Wood」制作秘話

塗装のアドバイスをしたり、アルミでのウッドデッキを勧めても、やはり納得して頂けるお客様は多くありませんでした。

また、腐りに強いと言われているハードウッドも勧めてみましたが、

「ササクレやヒビがすごくて子供がケガをする!」
「色落ちも激しい!」

と言ったお声を頂きました。

ササクレやヒビも起こらずメンテナンス不要な人工木材もありましたが、

「どう見てもプラスチックにしか見えない!」
「値段が高すぎる!」

と、お客様の声。

『本物の木の風合いがあり』『手頃でお客様が手を伸ばしやすい価格』で、 『メンテナンスいらずの良い品質』の人工木材を探してみたものの、見つかりませんでした。

そこで父は決心しました。

「ないなら作ってしまおう!」

その父の発想が、Eee-Woodの始まりです。

「Ever Ecology Econonical」

「ないなら作ってしまおう!」

と決心したは良いものの、生産工場など持っていない私達は、まず生産してくれる会社を探さなければいけませんでした。

ある日、とある建材の展示会で、今までに見たことのない人工木材を見かけました。 気になり、その人工木材を展示している会社と話を始めました。

しかし、その会社とは折り合いがつかず、結局取引には至りませんでした。

しかし理想に近い人工木材を見つけたことで、

「根気よく探せば見つかるかもしれない!」
という希望を私達は抱きました。

早速会社に戻り、人工木材のあらゆる情報について調べ尽くしました。

人工木材を生産しているいくつかの工場に赴き、父の建築業界32年間のノウハウから、希望のデザイン、サイズ、カラーの要望を伝えました。

その中で、一番天然木材のデザインに近く、値段も手頃だった会社に、 オリジナルの人工木材の作成を依頼することになりました。

 そして試行錯誤の末、やっとオリジナル人工木材を商品化することが出来ました。

商品名は「Eee-Wood」。

「 Ever Ecology Economical」

 の3つのEの頭文字から取ったこの名前は、まさにはじめに父が思い描いた理想の人工木材を表す形となりました。

まったく売れない!

やっとの思いで商品化された「Eee-Wood」。

しかしいざ販売をスタートさせてもまったく売れませんでした。

当時はまだ「人工木材」という言葉すら聞いたことのなかった人が多かったのです。

県内の業者様の元に直接営業に行き、見せても、今まで取り扱ったことのない不安や、 天然木材に比べて値段が高いとの理由でまったく相手にされませんでした。

どうすればいいのかわからず、苦悩した結果、私は決心しました。

「インターネット販売で、日本全国でウッドデッキの腐りやメンテナンスに困っている人たちを見つけ、 その人たちに『こんな良い人工木材があるんだよ』ということを知らせたい!」

父はインターネットでの販売に反対しましたが、私の強い決心に折れ、 インターネット販売に軸を切り替えることとなりました。

インターネット販売をするとなると、ホームページが必要になります。

ホームページなど作ったこともなく、また外注する資金などない状態だったため、 私は徹夜でホームページを勉強し、毎日パソコンの前に座っていました。

ホームページはなんとか形になったものの、半年間はまったく問い合わせもない状態でした。

それでもなんとかしたいと研究に研究を重ねることにより、初めて問い合わせの電話がありました。

「やっ、やっときた・・・!」

このときの感動は今でも鮮明に覚えています。

やっと今までの不安や苦悩から開放された気持ちで目にうっすらと涙を浮かべました。

そこから「Eee-Wood」は徐々にではありますが、
全国のいろんなお客様の元に届くようになりました。

いろんなお客様の元に届くようになったことで、お客様からのいろいろな

「こうしたほうが良い」

というお声を頂くようになりました。

その中でも特に多かったのが、
「もっと天然木材に近い人工木材が欲しい!」
というお声でした。

「もっと天然木材に近く、もっと強く、もっと良い人工木材を!」

初代「Eee-Wood」はやはりまだまだ人工的なデザインでした。

実際に手に取ったお客様のお声は的確でした。

『本物の木の風合いがあり』

という当初の理想がまだ達成出来ていないことを思い知らされました。

「さらに天然木材に近いデザインを!」

私達はより高い技術力を持った新しい会社を探すことにしました。

そして探しに探した結果、これだという会社を見つけ、新たなオリジナル人工木材の制作を依頼しました。
完成した2代目「Eee-Wood」はさらに天然木材に近づきました。

この研究と探求を重ねたオリジナル人工木材は、 デザインが好まれさらに多くの全国のお客様の元に届くようになりました。

「やっと理想の人工木材に出会えた」

そう安心したのも束の間、新たな問題が発生するようになりました。

商品の配送中、破損が発生するという事件がかなりの頻度で起こりました。

せっかく楽しみで買って頂いた商品が、届いたときには割れている。 こんなに悲しいことはありません。

梱包を改良したり、配送業者様に頼んで気を付けて運んでもらったりしても、 やはりこの問題は解決には至りませんでした。

「もっと強度のある人工木材を!」

私達はまた、さらなる技術力を持った会社探しをスタートさせました。

情幸報収集に情報収集を重ね、やっと理想の水準に達した会社と出会いました。

早速現地に赴くことにした私達ですが、そこはとんでもない僻地。 都心部から、舗装もされていない道路を車で何時間もかけて行かなければいかない場所に工場はありました。

「こんな遠くまで訪ねて来る人たちは初めてだ」
と工場の人に言われました。

そこで今までの事情を全て説明し、
さらに天然木材に近いデザインで、かつ強度のある人工木材を作って欲しいと訴えました。

樹脂と木粉の適切な配合比率の研究をさらに積み重ね、強度の改良に尽力しました。
強度を高めるためには樹脂の比率を多くしないといけないのですが、そうするとコストが割高になります。

コストが割高になってしまうと、当初の理想である

『手頃でお客様が手を伸ばしやすい価格』

での提供が難しくなってしますのですが、

在庫リスクを恐れず大量に生産して受注することで、コストを抑えることに成功しました。

また、適切な人工木材の長さも研究しました。
人工木材は伸縮の影響を大きく受ける材なので、長ければ長いほどその影響は大きくなります。

一番影響が少なく、かつ使用しやすい適切なサイズということで2メートルという長さに決まりました。

そして完成したのが現在の商品、3代目「Eee-Wood」です。

「全国の腐りやメンテナンスに困っている方々のお役に立ちたい!」

みなさまからの様々なお声などを参考に改良を重ねた結果、 3代目「Eee-Wood」は、次のようなラインアップに厳選されました。

無垢デッキ材 EWH-D140 寸法139mm×22mm×2000mm

お客様からの要望、今までの経験、そしてより本物に近づけたいという気持ちから生まれました。
EWH-D1401によって今までの人工木材では出来なかった加工が可能になりました。
大工さんが施工現場で自由な加工が可能で、Eee-Woodでしか作れない、オンリーワンのウッドデッキが作れます。

リブ付無垢デッキ材 EWH-DM135 寸法133mm×26mm×2000mm

「無垢デッキ材でもクリップを使ってビスが見えない施工をしたい」という要望があり 2016年新たにラインナップに加わりました。
特に温泉や保育園・幼稚園等ビスを避けたい場所には最適の部材です。

中空デッキ材 EWH-D135 寸法133mm×26mm×2000mm

人工木材は重たいとのお声をよく頂くため、出来るだけ軽くしています。(1枚約5.4kg)
人工木材にしか出来ない、ビスが見えない施工が出来るクリップを止める溝を作りました。 側面を削ることによってさらに天然木材の風合いを醸し出しました。

無垢ランバー材 EWH-L90 寸法89mm×39mm×2000mm

何にでも使える2×4材サイズの人工木材が欲しいというお客様の声から作られました。
人工木材でウッドデッキを作るにもフェンスを作るにも、 金具やオプション品が付けやすいサイズとなっています。

無垢ボード材 EWH-B100 寸法98mm×11mm×2000mm

フェンスを作るために、薄く、かつ強度が保てるサイズを求めました。
幅が広すぎると反りやすく曲がりやすいため、 強度もデザインも兼ね備えた丁度いいサイズとなっています。

中空ランバー材 EWH-L100 寸法98mm×98mm×2000mm

人工木材の特性上、構造材で使えないという問題がありました。
中に鉄芯などを入れ、そこにL100材をかぶせて使うことによって、 人工木材だけでは作れないデザインを作れるようになりました。

今では全国2000件15万本の販売実績となりましたが、まだまだ改善点は多く、お客様からさまざまなお声を頂いています。

「本物の木の風合いがあり、そして値段も手頃でお客様が手を伸ばしやすく、メンテナンスいらずの良い品質の人工木材」

という当初の理念にかなり近づけたと思いますが、やはりまだまだ改良出来るところはあると思います。

さらなる改良を続け、全国の腐りやメンテナンスに困っている方々のお役に立ちたい。

そしてゆくゆくは日本国内ではなく、世界の色々な国で、 腐りにやメンテナンスに悩んでいる方々のお役に立ちたいと思っています。

そのために私達はこれからも進み続けたいと思います。

こだわりの厚みや専用クリップです

改良し、燃えにくくなりました

建築一筋32年だからこそのこだわり

建築一筋32年だからこそ、 お施主様の気持ちはもちろん、業者様の気持ちも大変わかります。

業者様にとって大事なことは、

注文した商品が即納してもらえる
施工後お施主様からのクレームが大変少ない
補修のことを考えて、同じサイズ・商品をずっと販売していて欲しい

などなど、

私ども自身、どういう対応を建材メーカーに求めているのかを客観的に分析し、 業者様目線から見ても便利で使いやすいメーカーになろうと日々奮闘しております。

ただの建材メーカーと言うよりは、 建築業者様に寄り添った対応ができる新しいメーカーだと自負しております。

お客様に良いモノと出会える場を提協したい

人工木材は、日本であまり有名ではありません。
95.2%の方は、「人工木材」を知らずに弊社ホームページにお越しいただきました。 (2013月1月1日~2013年12月16日調べ)

私どもの経営理念に
『良いモノと出会える場を「提協」し、皆様を幸せにしたい』という言葉があります。

お客様から
『アートウッドさんに出会えてよかった、ありがとう!』
『良いモノを紹介してくれてありがとう!』
というお声を頂くのが、スタッフ一同の幸せでもあります。

ホームページを使って 全国に私どもが自信を持って販売しているEee-Woodと出会える場を提供しています。

提供の『供』が、協力の『協』となっているのは、 私どもだけでなく、ご購入頂いたお施主さま・業者さま、また取引業者さまにも協力していただき、 皆さまに良いモノと出会える場を提供できたらと考えているからです。

これからも高品質で良いモノを提供していきます。

今年も早速、お客様から

  • ステンレス製のクリップが欲しい
  • 無垢材デッキにも専用クリップを使いたい

というご要望を頂きましたので、開発に取り組んでおります。
※2015年12月時点で、上記2点は開発・販売されております。

毎年、更に使いやすい商品やオプション品も開発していますので、どうかよろしくお願い致します。